HOME > グループ企業 > 西武バス

西武バス | 西武観光バス | 西武高原バス | 西武総合企画
現在ご覧のページは「西武バス」です。


―西武線の駅から郊外の商業施設へのアクセスを築く西武バス―

会社概要

西武バスとは西武鉄道の駅や東武東上線の駅、さらにはJR中央線の駅などから発着している大手バス事業者の1つで、埼玉県と東京都の路線バス網を展開しています。
路線バス以外にも高速バス事業にも力を入れており“西武グループのブランド力”を活かし、埼玉西武ライオンズのラッピングを施したバスを導入しています。
一般的には路線バスの笹カラーとよばれる車体が有名です。西武バスは車両交換サイクルが早いことでも知られ、地方バス事業者へ譲渡されている車両があるほか、グループ事業者へも譲渡されています。グループ事業者へは3色のライオンズカラーになり譲渡されています。

営業所・車庫一覧 ・・・管轄地域は一部

練  馬 練馬区 新宿区 豊島区 中野区
上石神井 練馬区 杉並区 西東京市 新座市
滝山・西原車庫 東久留米市 清瀬市 小平市
小  平 小平市 東大和市 立川市 国分寺市 小金井市
立  川 立川市 東村山市 武蔵村山市
新  座 新座市 朝霞市 志木市 清瀬市
所  沢 所沢市 川越市 東村山市 清瀬市
大  宮 さいたま市 所沢市
川  越 川越市 所沢市 狭山市
狭  山 狭山市 入間市 飯能市 日高市
飯  能 飯能市 入間市 狭山市 青梅市 瑞穂町

車両概要

富士重工製や西日本車体工業製のボディの日産ディーゼル車と、いすゞ車が多いのが西武バスの特徴でしたが、現在は三菱ふそう車が多く導入され一部では日野車も導入されています。
練馬・川越・狭山の3営業所ではCNG車が導入されているほか、練馬にはハイブリッド車も存在します。
高速バスや観光バスの使用車はライオンズカラーとなっています。(下記参照。)
西武バスの車両には車両番号がふられています。 A4-962
A 4 -962
記号 年式 管理番号

営業所番号は西武バスでは採用されていません。
観光バス・高原バス通しで管理されています。
なお年式は西暦で、下1桁の数字がかぶりますが同じ数字がつきます。
1212
1 2 12
記号 年式 管理番号

高速バス・観光バス通しで管理されています。
なお年式は西暦で、下1桁の数字がかぶりますが同じ数字がつきます。

車両


ボディ:富士重工 廃 車
A9-591 KC-UA460LSN 飯能営業所

ボディ:富士重工
A2-790 KL-UA452MAN 飯能営業所

ボディ:富士重工
A2-833 KK-RM252GSN 飯能営業所

ボディ:西工 CNG搭載
A4-962 KL-UA452KAN改 狭山営業所

ボディ:西工
A4-971 KK-RM252GAN 飯能営業所

ボディ:西工
A5-110 PK-JP360NAN改 狭山営業所

ボディ:いすゞ(J-BUS)
A5-73 PJ-LV234L1 狭山営業所

ボディ:いすゞ(J-BUS)
A7-252 PJ-LR234J1 狭山営業所

ボディ:いすゞ 廃 車
A8-527 KC-LV380N 飯能営業所

ボディ:三菱ふそう
A1-570 LKG-MP35FKF 滝山営業所

ボディ:西工
1641 PKG-RA274RBN 所沢営業所
※許可を得て撮影

ボディ:いすゞ(J-BUS)
1212 QPG-RU1ESBJ 練馬営業所
※イベント時に撮影