×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

HOME > 沿革

西武鉄道の沿革

ENKAKU
・いまの西武鉄道になるまでの流れ・
池袋線・狭山線・豊島線
武蔵野鉄道とは現在の池袋線の前身にあたる企業で1912年5月7日に設立された。
地元自治体のほか有権者が出資し、3年後になる1915年4月15日に飯能から池袋間が開業。 この開業に伴い、以下の駅が同時に開業。(当時の駅名)
[飯能・仏子・豊岡町・元狭山・小手指・所沢・東久留米・保谷・石神井・練馬・東長崎・池袋]
後に豊岡町→入間市、元狭山→狭山ヶ丘、小手指→西所沢、石神井→石神井公園と改称。 1922年には池袋から所沢間が、1925年にはまず所沢から西所沢間、そして飯能までが電化され、 1927年には練馬から豊島園までを結ぶ豊島線が営業運転を開始した。
更に、1928年には池袋から練馬間が複線化され、1929年には練馬から保谷間も複線化。
狭山線にあたる西所沢から西武球場前にあたる村山公園までが開通し、同年中には飯能から吾野間 も営業運転が開始になる。
欧米諸国では第二次世界大戦中である1940年に、現在の多摩湖線にあたる多摩湖鉄道を合併、 日本も戦争が行われている最中であった1944年、狭山線が営業休止となる。
終戦後、1945年9月22日に現在の新宿線にあたる(旧)西武鉄道と食糧増産と合併、西武農業鉄道とし 翌年11月15日に現在の社名である、西武鉄道となり今に至る。
この武蔵野鉄道の創立記念日にあたる1912年5月7日が、西武鉄道の創立記念日となります。

国分寺線新宿線(一部)
川越鉄道とは合併された企業でも一番歴史のある企業で、1892年8月5日に設立された。
川越鉄道は、現在のJR中央線になる甲武鉄道の子会社として設立され、国分寺から東村山間が 1894年12月21日に開業し、この際に[国分寺・小川・東村山]の3駅が開業。
のち、1895年には東村山から川越間が開業し、現在の国分寺線の新宿線直通運用が同じ区間を 走行しているが、この開業の際に次の駅が開業。[所沢・入曽・入間川・川越]
東村山駅は当時、久米川(仮)駅として開業してたが1895年中に現在の東村山と改称され、
市制化を期に入間川→狭山市、当時の国鉄・東武と区別するべく川越→本川越とそれぞれ改称。 のち、幾度も合併を繰り返し(旧)西武鉄道となっていた1927年に東村山駅から本川越間が電化、 ほぼ同時に、東村山から高田馬場までが開業し「都立家政」を除く全駅が開業。
後の1937年に、旧制東京府立中野家政女子学校が開校されたことに関連し府立家政として開業し、 1943年に東京府が廃止されたことに伴い、駅名も変更され現在の都立家政となります。 ほかにも多くの駅が誕生、改称され、武蔵野鉄道と合併したあとになる、1952年にようやく 西武新宿まで延伸され村山線としてよばれていた路線は “新宿線” になります。
同時に川越線であった東村山から本川越の区間も新宿線に吸収され、現在の形態になります。

多摩湖線
多摩湖鉄道は1928年3月7日に設立。
当時、川越鉄道や中央線とも接続している国分寺駅から萩山駅までが開業されました。
青梅街道駅、国分寺駅・萩山駅の3つの駅が開業し、小平線(現在の拝島線の小平付近〜萩山)が同年1928年11月に開業します。ただし現在の小平駅とは位置・駅名が異なり、本小平(もとこだいら)駅と 称し、本小平駅は現在の小平駅より萩山・久米川寄にあったとされています。
その後、現在の“多摩湖北線”とよばれる萩山〜村山貯水池(仮)(現在の武蔵大和駅付近)が開業し、 1936年、現在の西武遊園地駅にあたる村山貯水池駅が開業しました。
1940年、武蔵野鉄道と合併、1942年には八坂駅が開業し、多摩湖線となり現在に至ります。


元々西武軌道の社紋であり、現在でもグループ会社の一部で使われ続けている社紋でもある。 現在の西武鉄道は、1946年11月15日に西武農業鉄道が社名を変更した会社として誕生。
当時保有していた現在の池袋線、新宿線、国分寺線などの路線を改良していき、さらに新路線を建設、 当時小平から玉川上水までを結んでいた上水線を1968年に拝島まで延伸し拝島線になったほか、 翌年には同時進行で進められていたに等しい西武秩父線が開業し、当時私鉄のトンネルで一番長い 正丸トンネルも約2年かけて完成させた。
西武秩父線開業時に、西武鉄道初となった特急列車が運転開始となり、都内から埼玉県秩父地方へのアクセスが大幅に便利になります。 その後通勤型車両も冷房機器の搭載をはじめ、利用者へ気持ちの良いサービスを展開、そのため、一時期冷房率で関東私鉄第1位になったことも。
しかし、1986年に新宿線田無駅構内にて通称“田無事故”とよばれる西武鉄道の中でも一大事の 追突事故が発生し、西武鉄道の研修センター内にはこの事故を中心に取り上げた事故資料展示室があります。(教育資料のため、社員以外の一般見学は原則不可。)
昭和の末期、1988年にはプリペイドカードである “レオカード” が発売開始。
1,000円券、3,000円券、5,000円券(5,300円分が使用可能)の3種類が発売され、基本図柄以外にも 多くの記念レオカードが発売(さよなら記念、語呂合わせ記念等)され、2000年に後継となる “パスネット”(SFレオカード)が導入、デザインバラエティさもSFレオカードに引き継がれました。
レオカードはテレフォンカードと同じように、あくまでも金券的な要素として自動券売機での切符 購入時にしか使用はできませんでしたが、SFレオカードはSF機能(Stored Fare system)があることで自動改札機でも使用できるようになり、関東ではJR東日本を除き多くの鉄道会社で使用できました。 時代の流れはJR東日本が展開していた“Suica”とよばれるICカードとなり、JR西日本では“ICOCA” 関西のスルっとKANSAI協議会では“PiTaPa”が導入されていき、関東の民営鉄道会社でも検討され、 2007年に“PASMO”が発売され、西武鉄道でも導入されました。
交通網のさらなる充実と混雑緩和のため、1983年には西武有楽町線が地下鉄有楽町線との直通運転が始まり、1988年には秩父鉄道への直通運転が、1998年には池袋線が西武有楽町線を経由し地下鉄有楽町線との直通運転を開始。
池袋線には他社線の車両が乗り入れて活気があふれているなか、2008年には地下鉄有楽町線新線が延伸され "副都心線" となり、渋谷まで直通運転を開始しました。
さらに、2013年3月には渋谷からつながる東急東横線・横浜高速鉄道みなとみらい21線との直通運転が開始されました。

主な西武鉄道のできごと

年 月 日 出 来 事
1954 501系通勤型車両(後の351系)が登場。
多摩湖線の国分寺口が改良された1990年まで活躍した。
1959 西武鉄道初となる両開きドアを採用した451系通勤型車両が登場。
1961 551系通勤型車両が登場。のちに一部は571系となる。
1963 西武鉄道初となるカルダン駆動車、601系通勤型車両が登場。
1963/11/01 池袋線の池袋駅から所沢駅で、私鉄初となる10両編成での運転を開始。
1963/12/24 701系通勤型車両が登場。
9000系まで続くこととなる“ステンレス化粧板”はこの形式から始まった。
1964 401系通勤型車両の基となる411系通勤型車両が登場。
1966/05/16 現在の小手指車両基地である、小手指検車区が開設される。
1967 701系通勤型車両の改良増備目的で、801系通勤型車両が登場。
1968/05/15 上水線の延長となる、玉川上水〜拝島間が開通し、
小平〜玉川上水〜拝島間の路線が拝島線となる。
1969/03/05 西武鉄道初の高性能車、101系通勤型車両が登場。
1969 西武鉄道初の特急型車両として、5000系特急型車両“レッドアロー”が登場。
1969/10/14 西武秩父線(吾野〜西武秩父)が開通。
一部路線を除き、ATS装置が使用開始となるほか、CTCが使用開始される。
1970/01/01 現在の横瀬車両基地である、横瀬検車区が開設される。
1973/11/29 最高速度100km/hの運転が実施される。
1975/06/02 新宿線で急行電車が10両編成で運転される。(西武新宿〜本川越)
1976/03/01 特急が毎時運行開始となる。
1977/04/01 2000系通勤型車両が登場。401系(初代)から久々の4ドア車両となる。
1977/12/19 新宿線の準急電車が10両編成で運転される。(西武新宿〜新所沢)
1979 新101系通勤型車両が登場。
1983/10/01 西武有楽町線のうち、小竹向原〜新桜台が営業運転開始。
当初は営団地下鉄7000系を借用の上、運転されていた。
1983/11/27 初となる側面に行先方向幕装置を採用した3000系通勤型車両が登場。
1985/06/01 多摩川線を除き、ATSが更新される。
1986/08/05 西武鉄道本社ビルを池袋から所沢へ移転。
1988 新2000系通勤型車両が登場。
1988/04/01 プリペイドカード“レオカード”が発売開始される。
1988/05/12 誤通過防止装置が使用開始される。(乗務員向け。)
1988/06/01 弱冷房車が使用開始される。
1988/11/04 4000系近郊型車両が登場。セミクロスシートで自動販売機も備えた、
行楽向けの車両となった。(登場当初。現在は撤去。)
1989/03/16 管区制の制度を導入する。
1989/04/01 秩父鉄道への直通運転が開始される。当時は新101系も乗り入れていた。
1990/06/23 351系通勤型車両が引退。よって西武鉄道に残っていた赤電は消滅。
横瀬で保存されている1両のみ。
1990/06/30 西武鉄道が所有する車両が冷房率100%となる。
1990/09/16 玉川上水車両管理支所(現在の玉川上水車両基地)が開設。
1991/03/09 豊島線の豊島園駅で西武鉄道初となる、自動改札機が導入される。
1991/03/15 東京都東村山市にある西武研修センターが使用開始。
1992/04/01 西武鉄道の広報誌「かわら版」が配布開始。
1992/04/01 運行管理システム(SEMTRAC)が一部路線を除き使用開始。
1992/06/01 西武鉄道初の試みが多数ある6000系通勤型車両が登場。
1993/02/10 自動券売機が新型となり、回数券がエンコード化される。
1993/12/06 10000系特急型車両“ニューレッドアロー”が登場。
新宿線初の定期特急電車“小江戸”が運転開始。
1993/12/11 9000系通勤型車両が登場。西武鉄道が自社で製造する最後の車両となる。
1994/08/08 新宿線にも6000系通勤型車両が登場する。
1994/10/15 池袋線に10000系特急型車両が登場。
1994/12/07 西武鉄道で一番新しい駅として、「練馬高野台駅」が池袋線に開業。
西武有楽町線の練馬〜新桜台間が開通し、練馬〜小竹向原間が全通する。
1995/09/01 時差回数券・土休日割引回数券が発売開始される。
1995/10/14 5000系特急型車両のさよなら運転が実施される。
よって初代レッドアローが引退となる。
1995/10/15
1996/05/25 E851型電気機関車が引退、さよなら運転が実施される。
JR東日本より12系客車を借用したビッグイベントとなった。
1997/01/01 西武鉄道の公式ホームページが開設される。
1997/02/22 401系・701系通勤型車両のさよなら運転が実施される。
1998/03/26 池袋線、西武有楽町線〜営団地下鉄有楽町線が相互直通運転開始。
新宿線に快速急行“川越号”が運転開始される。
1998/10/01 西武・電車テレフォンセンターが開設される。
2000/02/20 9000系以来約7年ぶりとなる、20000系通勤型車両が登場する。
2000/03/29 武蔵丘車両管理所(現在の武蔵丘車両基地)が開設される。
2000/06/15 西武所沢車両工場が閉鎖される。
2000/06/16 武蔵丘車両検修場が開設、同時に株式会社西武車両ができるが、
現在は西武鉄道に吸収され消滅。
2000/10/01 “SFレオカード”が発売開始される。
2000/10/14 関東の多くの民鉄で利用できる“パスネット”が導入される。
2004/04/01 乗り入れ先の帝都高速度交通営団(営団地下鉄)が、東京地下鉄(東京メトロ)になる。
2004/12/17 西武鉄道が東京証券取引所から廃止となり、上場廃止となる。(9002番だった。)
2005/05/09 池袋線、新宿線に女性専用車が導入される。
2005/10/31 東京メトロ有楽町線直通車にも女性専用車が導入される。
2006/04/01 西武鉄道お客さまセンターが開設される。
2006/10/01 特急電車がすべて全車禁煙となる。
2007/03/18 関東の鉄道事業者、バス事業者等で使えるICカード“PASMO”が導入される。
2007/04/01 シンボルマーク、コーポレートカラーが制定される。
2007/07/03 ファミリーマートとのフランチャイズ式駅売店「TOMONY」がオープン。
2007/08/31 新型商業施設「Emio」がオープン。
2008/03/15 “SFレオカード”が発売終了する。
2008/03/27 制服が一新される。
2008/04/26 新宿線に30000系通勤型車両が導入される。
女性のアイディアなどを採用した新タイプの車両となる。
2008/06/14 池袋線、西武有楽町線〜東京メトロ副都心線が相互直通運転開始。
新宿線、拝島線に新種別“拝島快速”が運転開始される。
2008/06/16 東京メトロ副都心線直通車にも女性専用車が導入される。
2009/03/14 新宿線の特殊連絡定期券“Oneだぶる♪”が発売開始される。
2009/05/01 3000系通勤型車両の11番編成が、銀河鉄道999のラッピングを装飾した編成になる。
2009/12 駅員さんキャラクター「レイルくん」・「スマイルちゃん」が登場。
2009/12/16 西武鉄道の公式ホームページがリニューアルされる。
2010/3/28 E31型電気機関車が引退、さよならイベントが実施される。
2010/04/01 池袋線の特殊連絡定期券“だぶるーと”が発売開始される。
2010/07/1 西武線の駅から東京メトロ接続駅までが割引となり、
東京メトロの1日乗車券もついた“西武東京メトロパス”が発売開始。
2010/07/19 3000系を使用した埼玉西武ライオンズラッピングの初代「“L-train”」の運行開始。(3015F)
2010/11/09 101系通勤型車両が引退。よって初期型の101系は西武鉄道から消滅。
横瀬で保存されている1両のみ。
2011/03/05 ダイヤ改正で新宿線の快速急行の停車駅が大幅にかわり、
新所沢から本川越間は各駅停車に。
2011/03/1- 予期していなかった大地震による福島第一原発停止での電力不足に伴い、
全面運休や区間運休が度々実施された。
2011/04/17 池袋線練馬高野台駅から石神井公園駅付近まで高架化。
2011/07/14 子育てサポート企業に送られる「くるみんマーク」を取得。
2011/11/27 10000系特急型車両が「レッドアロークラシック」の一環として、
1編成が5000系特急型車両の塗装を模したカラーに変更。
2011/12/24 東村山駅にて脱線事故発生。伴い西武園線から新宿線への直通運転は休止。
当該は20156Fであった。しばらく休車となるが、2012/09/07に復帰。
2011/12/31 親しまれていた"狭山そば"所沢駅店が閉店。
2012/03/08 所沢駅の新橋上駅舎一部共用開始
2012/04/09 Twitterを利用した列車運行情報サービス開始
2012/06/23 池袋線石神井公園駅、下りホーム全面使用開始
2012/06/30 ダイヤ改正により新宿線の "拝島快速"・"快速急行" が廃止。
2012/10/12 本川越ペペに "ポポンデッタwith西武トレインミュージアム" 開店
2012/10/20 新宿線本川越駅に副駅名"時の鐘と蔵のまち"がつく。
2012/11/27 所沢駅新橋上駅舎全面使用開始。
2012/11/30 新101系・301系の池袋線・新宿線での営業運転終了。3ドア10両消滅。
2012/12/09 さよなら新101系・301系イベント開催。
2013/03/16 副都心線経由での東急東横線と横浜高速みなとみらい線相互直通運転開始。
それに伴い快速急行電車の地下鉄直通上り電車に限り"練馬"停車。
及び平日日中の池袋口の快速急行廃止、土休日の快速急行西武秩父行き廃止。
新宿線特急電車、"東村山"に停車となる。
2013/12/05 3000系を使用した「初代 “L-train”」の運行終了。(3015F)
2014/07/19 9000系を使用した「幸運の赤い電車 “RED LUCKY TRAIN”」の運行開始。(9103F)
2014/12/20 さよなら銀河鉄道999デザイン電車イベント(3011F)開催。
2015/01/25 池袋線 桜台駅付近〜大泉学園駅付近の連続立体交差化工事終了。
2015/03/14 西武鉄道と台湾鉄路管理局が姉妹鉄道協定を結ぶ。
2015/04/01 15駅で列車運行情報提供システム導入開始。
2015/04/18 6000系を使用した「黄色い6000系」の運行開始。(6157F)
2015/10/31 7駅でSEIBU FREE Wi-fiのサービス開始。
2016/01/17 9000系を使用した埼玉西武ライオンズラッピングの2代目「“L-train”」の運行開始。(9108F)
2016/03/05 池袋駅2番ホームにホームドアが設置される。
2016/03/26 副都心線・東急線方面直通の速達列車の愛称を「Fライナー」とする。
2016/06/04 9000系を使用したきゃりーぱみゅぱみゅとのコラボプロジェクト「“SEIBU KPP TRAIN”」の運行開始。(9101F)
2016/09/30 「“SEIBU KPP TRAIN”」の運行終了。(9101F)
2016/04/17 西武 旅するレストラン「52席の至福」運行開始。(4009F)
2016/04/30 「“黄色い6000系”」の運行終了。(6157F)
2016/05/28 西武秩父駅に秩父鉄道のSLパレオエクスプレスが乗り入れる。(初)
2016/09/** 特急電車内に「SEIBU FREE Wi-Fi」が導入される。
2016/09/27 新2000系初の廃車発生。(2097F)
2016/10/08 20000系を使用した2代目「“銀河鉄道999デザイン電車”」の運行開始。(20158F)